LaravelプロジェクトをGit Cloneする方法


以下のコマンドで、GitからLaravelプロジェクトをクローンします。
git clone [GitリポジトリのURL]

LaraveプロジェクトはGit Cloneしただけでは動きません

クローンしたプロジェクトは、vendorフォルダが含まれていないので、クローンしたフォルダに移動して、下記コマンドを実行します。
composer install

.envファイルを作成する

.envファイルもないので作成します。
.env.exampleがデフォルトで入っているかと思うので、.envにリネームし設定をします。

アプリケーションキーの初期化をする

下記のコマンドでアプリケーションキーの初期化します。
php artisan key:generate
そうすると.envファイルのAPP_KEYにランダムな文字列が追加されます。

データベースの設定をする

データベースを使うなら.envファイルの以下の設定も書き換えます。
DB_CONNECTION=[利用するデータベース 例)mysql]
DB_HOST=127.0.0.1
DB_PORT=3306
DB_DATABASE=[データベース名]
DB_USERNAME=[データベース ユーザー名]
DB_PASSWORD=[データベース パスワード]

例として、データベースをMySQLの場合、以下を実行して、データベースにコネクトします。
mysql -u [.envファイルで指定したデータベース ユーザー名] -p
Enterを押し、
[.envファイルで指定したデータベース パスワード]
を入力します。

次に以下のコマンドを入力します。
database create [.envファイルで指定したデータベース名];
use [.envファイルで指定したデータベース名];

データベースを作成したので、以下のコマンドを実行します。
php artisan migrate

Laravelの実行確認をする

あとは、以下のコマンドを実行し、
php artisan serve

ブラウザーでhttp://127.0.0.1:8000/にアクセスし、表示されればOKです。