Laravelの開発環境を構築する


Laravelの開発環境構築

<Windows10での構築を想定>
Laravelを使うには、PHPとComposerが必要です。
ComposerとはPHPの依存管理ツールです。
なので、まずはPHPをインストールします。

PHPをインストールする

PHPはこちらのサイトからダウンロードできます。
PHP Downloads
注意する点としては、
Laravel 5.6:PHP >= 7.1.3
Laravel 5.4:PHP >= 5.6.4
と、Laravelのバージョンによって、PHPのバージョンの要件が異なります。
Windowsの場合、
使いたいLaravelのバージョンにあった、PHPのバージョンのWindows downloadsの箇所をクリックします。



Windows downloadsの箇所をクリックすると、さらに、4種類ありますが、
Thread Safeを選択
Windows 32bit版の場合:x86を選択
Windows 64bit版の場合:x64を選択
します。


インストールしたら、環境変数の設定で、php.exeにPathを通しておきます。

以下のコマンドでバージョンが表示されればOKです。
php -v

Composerをインストールする

次はComposerをインストールします。
Windowsの場合、Composerはこちらのサイトの「Composer-Setup.exe」の箇所をクリックするとSetup.exeがダウンロードできます。
Installation - Windows#
Setup.exeを実行すると、PHPの場所を聞かれるので、上記でインストールしたphp.exeの場所を指定します。

以下のコマンドでバージョンが表示されればOKです。
compser -v

MySQLをインストールする

Laravelでデータベースを使えるように、ついでにMySQLもインストールしておきます。
MySQLはこちらのサイトからダウンロードできます。
MySQL Comunity DOWNLOADS

Community -> MySQL on Windows -> MySQL Installerを選択します。



最新版のMySQLが表示されています。
古いバージョンのMySQLをインストールしたい場合は、
Looking for previous GA version?の箇所をクリックしてください。
x86 32bit版しか選択できませんが、x64 64bit版でも動作します。

インストーラをダウンロードして、セットアップを行います。

Laravelをインストールする

Laraveをインストールしたい場所に移動して、以下のコマンドを実行します。
composer create-project --prefer-dist laravel/laravel [プロジェクト名] "[バージョン]"
例)composer create-project --prefer-dist laravel/laravel blog "5.6.*"

インストールが完了したら、作成したプロジェクトの場所に移動して、以下のコマンドを実行します。
php artisan serve

コマンドプロンプトに以下が表示されるので、
ブラウザーでローカルホストhttp://127.0.0.1:8000にアクセスします。
Laravel development server started: <http://127.0.0.1:8000>




Special title treatment

With supporting text below as a natural lead-in to additional content.